婚活成功道場

婚活でのバツイチの不利な点とその対策

この記事は2分で読めます

婚活でのバツイチの不利な点とその対策

 

バツイチの場合、婚活をする時に不利になる点を持っていると言われることがあります。

 

新しく出会った人にとって離婚の理由は気になるものであり、浮気をしたりギャンブルや借金、ドメスティックバイオレンスなどの問題を抱えているのではないかと疑ってしまうケースが見られます。不利な点として考えられるものと、その対策についてチェックしておきましょう。

 

バツイチの婚活で不利になる点

 

バツイチの人が婚活をする上では離婚した経歴や原因について考える相手が多いと言われています。子供がいるのかどうかも重要なポイントとして考えている相手が多いので、離婚していることや子供の有無は早い段階で打ち明ける必要があるでしょう。

 

不利になると考えられているのは、離婚理由に浮気やギャンブル、借金、暴力などが関係している場合で、性格の不一致などで離婚した場合には、相手が離婚歴をそれほど気にしないこともあります。

 

最近は離婚率が高くなってきていて、3組に1組が離婚するとも言われているため、離婚歴そのものが不利になることは以前よりも減ってきていますが、子供がいる場合には、子供との相性や相手が希望している結婚生活と合わないことが増えるので、より理解のある相手を探す必要があります。

 

バツイチの婚活での不利な点への対策とは?

 

再婚に向けて婚活をする時には不利になっている点や相手が気がかりに思っている点をひとつずつオープンにしていくことが一番の対策です。離婚歴を隠して婚活をすることは避け、婚活の早い段階で離婚歴があることや子供の有無について話す機会を持ちましょう。

 

婚活をしたくても離婚の経験があるために、どのようにしたら良いか解らないと感じている人は、結婚相談所を利用することもお勧めの方法です。結婚相談所は離婚経験のある人や再婚に理解がある人向けのコースやパーティー、イベントが設定されているので、利用すると最初から自分の経歴を理解してくれる相手と巡り会える確率が高いと考えられます。

 

結婚する相手がバツイチでも構わないと考えている男性はおよそ20%、女性はおよそ30%だというデータもあるので、きちんと話をする時間を取ることで不利な点を解消できると思われます。

 

結婚相談所では再婚に向けての婚活の行い方もサポートしてくれるので、迷ったり悩んだりすることがあれば専任のスタッフと相談できる強みがあります。再婚のための対策のひとつとして結婚相談所の利用も考えてみましょう。

「バツイチの婚活で知っておいたほうがよいこと」の記事一覧へ

シェア・いいね歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あわせて読みたい

  1. 再婚が怖い!次こそ幸せな結婚生活を送るためには?
  2. 離婚の経験から再婚するのが怖いという気持ちを克服するには
  3. 婚活中にバツイチで子どもがいることを相手にいつ話す?
  4. 再婚年齢の平均て何歳くらい?
  5. バツイチで子持ち女性が結婚するための婚活テクニック
  6. お見合いで離婚理由を聞かれたら正直に答えるべき?
RETURN TOP