婚活成功道場

離婚の経験から再婚するのが怖いという気持ちを克服するには

この記事は2分で読めます

離婚の経験から再婚するのが怖いという気持ちを克服するには

 

過去に深く傷ついた経験があれば、似た状況になった時に怖いと感じることは誰にでもあり、離婚と再婚に関しても同じことが言えます。離婚をした時に結婚相手ともめたり、傷つけられた場合、新しい出会いがあっても再婚を怖く感じて、控えてしまう人は多いようです。

 

離婚経験のトラウマは様々

 

離婚を経験した人が抱えるトラウマは人それぞれで、恋愛そのものを怖いと感じてしまうケースもあります。新しい出会いがあっても自分に自信を持てずに、他にもっとふさわしい人がいるのではないかと思ってしまうこともあります。

 

人と深い繋がりを持つことを好まなくなって、それを言い出せずに再婚してしまうと失敗する原因にもなります。トラウマを持っていることを再婚しようとしている相手に告げて、一緒に乗り越えようと努力する関係を作っていくことが大切です。

 

離婚の際に傷ついてしまった人は、再び傷つかないように自己防衛しようとする傾向が高いのですが、自分を守るために他人を傷つけていることがあります。自分が傷つかないように大切なことを言わなかったり、自分を卑下し続けてしまうと、結果として新たに出会った相手や自分のことを考えてくれる人たちを傷つけることになります。

 

再婚を怖く感じている人は少しずつ克服しよう

 

離婚をして再婚に怖さを感じている人は、無理にすぐ相手に心を開く必要はありません。時間が経たなければ傷が癒えないことはとても多いので、時間をかけて回復するまで待つ必要があります。この点は相手にも理解してもらうことが大切なので、思い切って打ち明けることが大切です。

 

ただ、時間をかけて離婚の経験から自分の欠点が見えてくることもあるので、その部分は直すよう努力することも必要です。自分はまったく悪くなく、元の結婚相手がすべて悪かったのだと思っている人は、いつまで経っても成長できず、離婚を繰り返してしまうことがあります。

 

ドメスティックバイオレンスを受けていたなどの特殊な状況下では自分自身が悪いことはほぼないと考えられますが、その他の原因がある場合には自分も変わる必要がある場面が出てくると考えられます。

 

相手に離婚経験があり、再婚を怖いと感じている場合には、無理に話を聞き出そうとせずに時間が必要な期間だと捉えておくこともポイントです。自然に相手が心を開いてくれる瞬間が来るまでじっくりと待ってあげましょう。待っていることが解れば、その姿勢だけで相手の心に訴えかけるものがあります。

「バツイチの婚活で知っておいたほうがよいこと」の記事一覧へ

シェア・いいね歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あわせて読みたい

  1. お見合いで離婚理由を聞かれたら正直に答えるべき?
  2. 再婚が怖い!次こそ幸せな結婚生活を送るためには?
  3. 婚活でのバツイチの不利な点とその対策
  4. 婚活中にバツイチで子どもがいることを相手にいつ話す?
  5. 再婚年齢の平均て何歳くらい?
  6. バツイチで子持ち女性が結婚するための婚活テクニック
RETURN TOP