婚活成功道場

行き遅れ年齢に達するともう結婚できない!?

この記事は2分で読めます

結婚しない女性が悪いことではありませんが、古くから行き遅れ年齢に達した女性のことを、“行かず後家”“売れ残り”“オールドミス”などと呼び、世間的に恥ずかしい思いをする女性が絶えませんでした。

 

晩婚化が進み、結婚適正年齢はどんどん上がっています。それでも、歳を重ねるほどに多くの女性が、「結婚できないかもと……」と、悩んでしまうことでしょう。

 

行き遅れ年齢ってそもそも何歳?

 

行き遅れ年齢が結婚できるかを考える前に、まずは行き遅れ年齢がいったい何歳なのかを知っておくべきでしょう。人それぞれ思う年齢は違うことと思いますが、世間一般的には25歳~29歳くらいが最初の結婚適齢期で、30~34歳くらいが少し遅めの結婚適齢というのが一つの考え方としてあるようです。よって、35歳以降となると、行き遅れ年齢を心配する方が一気に増えてくることと思います。

 

結婚後の人生計画から行き遅れ手前の年齢を考えた場合も、35歳以降の年齢は厳しさが増すように思えます。結婚後しばらくして子どもを儲けるとしたら、その子どもが成人する頃にはあなたは60歳前後になっています。

 

少しでも元気に長く子どもの成長を見届けたいと思うのであれば、遅めの結婚は避けたくなるでしょう。なお、住む地域によって行き遅れ年齢の誤差も生じています。都市部では働く女性が多いためか遅めの年齢でも行き遅れを感じにくく、逆に地方や田舎では都市部よりも早い結婚を望む方が多いようです。

 

行き遅れ年齢に達しても結婚は可能

 

では、行き遅れ年齢の世間的範囲を踏まえた上で、結婚が可能かどうかの答えに入ります。結論を先に言うと、結婚できます。

 

まったく問題ありません。冒頭で述べました通り、晩婚化が進んでいるという理由も一つですが、何よりインターネットによる情報化により異性との出会いの場が急激に高まりました。

 

結婚を望むも中々機会に恵まれないという男女には、これまでお見合いがセッティングされていました。今では趣味や気持ちが通じ合う相手をネットで見つけて結婚にいたるカップルの方が、目立つ時代です。

 

例として、結婚相談所をあげましょう。これは昔からあるサービスですが、現在はインターネット登録といったシステムを導入することで、より親しみやすく、より理想の相手を見つけやすい優れた婚活サービスとして発展しています。

 

このようなサービスを利用すれば、同じ年代の相手や、同じく行き遅れを心配している異性とも出会える可能性が大きく広がるため、結婚を焦る心配はほとんどないのです。

 

ただ、だからといっていつまでも結婚を先延ばしにしていては、いつまで経っても先に進めませんし、子どもを儲けた時の心配も高まります。行き遅れを心配し、出会いの場に恵まれていないようであれば、積極的に結婚相談所などを利用することです。

「婚活の基礎知識」の記事一覧へ

シェア・いいね歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あわせて読みたい

  1. 周りが結婚して焦りを感じた時こそ自分の婚活スタートのチャンス
  2. 婚活パーティーに友達と参加しても大丈夫?
  3. 結婚できる年齢ってぶっちゃけどのくらいまで?
  4. 仕事を辞めたいという理由で婚活する女性はずるい?
RETURN TOP