婚活成功道場

仕事を辞めたいという理由で婚活する女性はずるい?

この記事は2分で読めます

仕事を辞めたいという理由で婚活する女性はずるい?

 

仕事を辞めたいという理由として、婚活をしている女性も少なくありません。男性の場合は仕事から逃れることができませんし、働くことに精力的な女性もいます。

 

そんな方々からしたら、結婚を仕事からの逃げの一手として捉えているようで、ずるいと思ってしまうのも無理はないでしょう。ですが、仕事を辞めたいと思い婚活する女性も一概ではありません。ずるいこともあれば、ずるくないパターンだって、もちろんあります。

 

結婚で仕事を辞める“ずるくない”パターン

 

女性には母性という本能が備わっています。仕事に生きがいを求めていたワークウーマンでも、何らかの理由でそれに目覚めることがあります。周りの結婚や出産だけでなく、映画や街で見かけた幸せそうな家族、そんな些細なことでもある日突然、結婚や子育てに気持ちが高まってしまいます。

婚活がはじまり、結婚すれば仕事どころではなくなるため辞めたいと思うかもしれません。これを、ずるいとは言えないでしょう。仕事と家事の両立は難しいものです。家事に注力したいと仕事を辞めるのは、正しい判断ですし、周りが批難することではありません。

 

また、いくら働く女性が目立つ社会になったとはいえ、女性という理由で仕事の道に限界を感じてしまうことは、男性よりもまだ多いものです。

 

限界を感じた時、早々に結婚して家庭を築くという目的に方向転換するというのも、決してずるいとは言えません。仕事と婚活の間でいつまでも揺れ動いていては、どちらも失敗します。すっぱりと気持ちを婚活に切り替えなくては歳を無駄に重ねて行きかねません。

 

結婚で仕事を辞める“ずるい”パターン

 

結婚よりも仕事を辞めたい理由が先行している場合、これはずるい婚活になるでしょう。上記で仕事に限界を感じて結婚に向かう例を紹介しましたが、限界を感じることと、ただ辞めたいからという気持ちは同じではありません。仕事のミスや、人間関係、働くのことに疲れたなど、感けた理由は限界ではなく逃げです。逃げた先に良いことは、基本的にはありません。

 

結婚したら女性は楽ができるわけではありません。家事をこなし、妊娠に出産、子育てという大役を担います。家計を助けるために再び仕事に復帰するかもしれません。結婚したら女性は、仕事をしているだけの時よりも忙しくなると覚悟しなくてはいけません。

 

それなのに、結婚に逃げる気持ちでは、幸せな家庭を築けるでしょうか? ご自分が苦労しないためにも、ずるい婚活は避けましょう。

 

仕事をしつつの婚活は時間も労力もかけられないため、困難です。結婚相談所等のサービスを上手く利用しましょう。

 

あなたに最適の男性と少しでも早く出会えることができれば、それだけ早く仕事から結婚生活に移ることもできます。ただし、先に述べたように逃げの一手を明らかにお持ちの場合は、男性に迷惑をかけかねません。まずはご自分の婚活理由をしっかりとご確認ください。

「婚活の基礎知識」の記事一覧へ

シェア・いいね歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あわせて読みたい

  1. 周りが結婚して焦りを感じた時こそ自分の婚活スタートのチャンス
  2. 婚活パーティーに友達と参加しても大丈夫?
  3. 結婚できる年齢ってぶっちゃけどのくらいまで?
RETURN TOP