婚活成功道場

婚活中にバツイチで子どもがいることを相手にいつ話すのがいい?

この記事は2分で読めます

婚活中にバツイチで子どもがいることを相手にいつ話す?

 

再婚に向けて婚活をして理想的な相手と巡り会った時には、自分が離婚をしていることや子どもがいる場合には子どもの存在について話す必要が出てきます。難しい問題として捉える人が多いため、離婚歴や子どもの存在をいつ相手に話したら良いのか迷ってしまうことは多いと思われます。

 

バツイチで子どもがいることを話すベストなタイミング

 

離婚や子どものことに関しては、早いタイミングで相手に話をした方が良いと言われていて、1回目のデートの時、またはそれまでには打ち明けることがお勧めだとされています。お互いに隠し事がない状態であれば、婚活を後ろめたく思わずに済むようになるので、本格的に交際が始まるまでに伝えておくことが良いでしょう。

 

駆け引きとして離婚や子どもの話をするタイミングを考えている人もいるようですが、相手によっては後から離婚や子どもの話をされると裏切られたと感じることがあります。

 

1回目のデートまでに話をして、関係性が壊れるようであれば、相手は最初から離婚歴があったり子どもがいる人との結婚を望んでいないことが解り、そのように考えている相手を傷つけずに済みます。

 

バツイチで子どもがいることを話さなかった時には?

 

最初の段階や本格的なお付き合いが始まる前までに離婚や子どものことを話さなかった場合、打ち明けた時やその後に関係が壊れることが多くなると言われているため注意しましょう。バツイチで子持ちであることを話さないまま親密な交際になると、打ち明けた時には相手はショックを受けたり傷ついてしまい、最初に話してくれれば良かったと感じるケースが多くあります。

 

逆に早い段階で離婚をしていることや子どもがいることを話した場合、誠意があると感じられ交際が順調になることが増えるようです。駆け引きをしながら2、3回デートをした時点で話す方法もありますが、多くの人が1回目に会う際には知っておきたかったと感じているようで、それまで抱いていた感情が冷めてしまうケースが見られます。

 

再婚に向けた婚活をスムーズに進め、理想的な相手とコミュニケーションを深めるためには、最初から離婚や子どもの存在をオープンにしておくことをお勧めします。

 

離婚や子どもがいるという事実を隠したまま交際をして結婚することが決まるような時に打ち明けると、大きなトラブルに発展することも考えられます。バツイチや子どもの存在を受け入れられない相手がいることを想定して婚活を進めることが大切です。

「バツイチの婚活で知っておいたほうがよいこと」の記事一覧へ

シェア・いいね歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あわせて読みたい

  1. 再婚年齢の平均て何歳くらい?
  2. 婚活でのバツイチの不利な点とその対策
  3. 子連れで再婚する時の子供への対応
  4. お見合いで離婚理由を聞かれたら正直に答えるべき?
  5. 離婚の経験から再婚するのが怖いという気持ちを克服するには
  6. 再婚が怖い!次こそ幸せな結婚生活を送るためには?
RETURN TOP