婚活成功道場

子連れで再婚する時の子供への対応

この記事は2分で読めます

子連れで再婚する時の子供への対応

 

子連れで再婚を希望している場合、自分と相手のマッチングだけに重点を置かずに、お付き合いを希望している相手、またはお付き合いしている相手と子供との関係を深められるように注意しましょう。

 

子供の年齢によっては再婚はスムーズに進むことがあると言われているのですが、逆に子供が思春期などの難しい年齢の場合には時間をじっくりとかけなければ、せっかく家族になってもすぐに破たんしてしまう恐れがあると考えられます。

 

子供の年齢が子連れ再婚のカギ

 

子連れ再婚で比較的スムーズに家族としてまとまると言われているのは、3歳くらいまでの幼い子供の場合と、高校生以上になっていて様々なことを理解し受け入れられる状態ができている場合だと言われています。逆に小中学生の子供は思春期特有の扱いにくさがあるので、再婚を考えている場合には子供の心理的なケアを丁寧に行う必要があります。

 

子供が成長すれば自然と自分で色々なことを感じ、考えて親の再婚を受け入れられることがほとんどですが、親の方が焦ったり、子供の気持ちを無視して再婚を決めてしまうと、後になってから義父や義母と揉めてしまう原因になりかねません。

 

子連れ再婚を考えて婚活をしている場合には、常に子供に配慮して、精神的にストレスを感じていないかを確認することが大切です。

 

子供が受け入れられるまで時間をかけよう

 

子連れ再婚の最大のポイントは、子供が再婚の事実や再婚相手を受け入れられるかだと考えられています。子供なりの考え方や再婚相手との相性などがあるので、時間をかけて少しずつ結び付きを強めていくことが必要です。

 

子供によっては離婚した相手が本当の親だという気持ちが強いケースもあるので、気持ちを無視せずにじっくり交流をし、子供とも再婚相手についてどのように感じているのかを話す機会を作るように心がけていきましょう。

 

また、特に思春期の女の子がいる場合には、義父と二人きりになる場面を嫌がるケースも見られるため、サポートをすることも考えておきましょう。これは再婚が決まって一緒に生活をするようになってからも気をつけてあげたい点だと言えます。

 

思春期の子供を連れて再婚した場合には、再婚相手との子供ができた時にも、精神的な負担がないかなど様子を見ておくことが大切です。できればしばらくの間は親の性的な部分は見せずに、新しい生活を楽しむことができるよう、家族イベントなどを設けることをお勧めします。

「子持ちでの婚活で知っておいたほうがよいこと」の記事一覧へ

シェア・いいね歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あわせて読みたい

  1. 親が再婚する時の子供の気持ちは?
  2. バツイチで子持ち女性が結婚するための婚活テクニック
  3. 再婚する時は子供が邪魔になる?
  4. 婚活中にバツイチで子どもがいることを相手にいつ話す?
RETURN TOP