婚活成功道場

合コンじゃないの?友人に騙されて婚活パーティーに参加してみたら・・・

この記事は2分で読めます

29歳の体育施設管理をしている男性です。年収は300万円です。地元のフランス料理レストランが主催の婚活パーティーに参加しました。

 

合コンだと思って会場に行ったら婚活パーティーだった!

 

私が婚活パーティーに参加したきっかけは、ちょうどその婚活パーティーが開かれる1カ月前に、2年付き合っていた彼女にフラれてしまい、仕事も気分が落ち込み手につかないような状態の時、親友から、「女の子と飲み会あるんだけど行かない?」と誘われたことがきっかけでした。

 

最初は飲む気にもならないくらい落ち込んでいたため、断ろうと思ったのですが、あまりにもしつこく誘ってきたため、仕方なく飲みに行くことを了解しました。

 

そして当日、飲み会があるというフランス料理屋に友達5人で行ったところ、お店の外から見える光景は、番号札を付けた男女が、カウンターで何やら受付らしきことをしているものでした。笑

 

そこでやっと、これはただの合コンでなはく、婚活パーティーに連れて来られたのだと理解しました。

 

婚活パーティなんて無理!もう男だけで居酒屋に行こうよ

 

私はこれが婚活パーティーなのだと気付いた瞬間、どうにかして、その場から逃げたいという気持ちに駆られました。

 

一緒に来ていた他の親友3人も合コンだと思っていたらしく、私たちは風景を見ながら唖然としてしまいました。笑(実は、ここに連れてきた友達一人が、そのフランス料理屋のシェフと友達で、婚活パーティーの人数合わせのためということで、私たちを連れてきたという・・・)

 

私たちはまだお店の中に入っていなかったため、やっぱり行くのは止めて普通の居酒屋にでも行こうか、などと話しましたが、連れてきた友達に無理矢理レストラン内に入らされ、何が起こっているのかもわからないまま、受付をさせられました。

 

その時の感情は、とりあえず早くこの会を乗り切って、帰路に着きたいという気持ちでいっぱいでした笑

 

最初は嫌々だったが次第に気分も上がって楽しく過ごせた!

 

最初は席を順々に移動して、いろいろな方と自己紹介をするいう、「5分間スピーチ」なるものから始まりました。

 

始める前は大変億劫に思え、適当にこの場を乗り切ろうと思ったのですが、いざ、いろいろな女性とお話してみると、さまざまな年齢、職種、ビジュアルの方がおられ、時間が経つたびに緊張よりも自分が会ったことのないタイプの女性とお話しできていることに楽しさを感じてきました。

 

そこからフリートークの時間や、ゲームなど多種多様なイベントが行われましたが、そこからは気分も上がり楽しく過ごせました。

 

自己紹介で地元が一緒!?そこから意気投合し恋人に!

 

婚活パーティーに参加する前の印象は、何か参加しづらくお堅いイメージがあり、本当に結婚を望んでおられる方が集まる印象がありました。

 

しかし実際には全然そんな事はなく、誰でも気軽に参加でき、結婚という高いハードルを設定しなくても、出会いの場という位置づけで行けるものだと考えが変わりました。

 

婚活パーティーに参加してよかった点はやはり、彼女ができたことと、男性の飲み友達も出来たというところです。彼女ができたことに関しては、最初の自己紹介でたまたま地元が同じだったことを知り、そこから話が弾み、意気投合したことがきっかけでお付き合いすることになりました。

 

男性飲み友達に関しても、フリートークでのたわいもない話から仲良くなり、そこから、プライベートでも飲みに行ったりするようになりました。

 

出会いがないなら1回だけでも婚活パーティーに参加してみましょう

 

私が婚活パーティーで恋人を見つけられたのは、結婚ということを意識せず楽しむことができたからだと思います。

 

最初は緊張していることで、堅く縮こまってしまうのが仕方ないと思いますが、自分の中のハードルを下げ、異性との会話を楽しむためにきたという感覚でいけば、自分と相性が合う人が自然と見つかるのではと思います。

 

もし、日常に出会いが無く、悶々と日々を過ごしておられる方は、是非気を張らず、軽い感覚で一度参加してみてはいかがでしょうか?

「婚活パーティーで彼女を見つけた【男性の体験談】」の記事一覧へ

シェア・いいね歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あわせて読みたい

RETURN TOP