婚活成功道場

無料の週刊誌に載ってた近くの婚活パーティーに参加してみた結果

この記事は2分で読めます

わたしは24歳です。職業はOLです。年収は200万円くらいです。駅近くのホテルで行っている婚活パーティーに参加しました。

 

週刊情報誌に載っている近場の婚活パーティーに参加

 

婚活パーティーに参加しようと思ったきっかけは、友人からの誘いでした。友人が週刊情報誌で見つけてきました。近くのホテルで婚活パーティーをしているから一緒に来てほしいとお願いされたのがきっかけです。

 

その無料の週刊情報誌はいろんなところで配られています。家のポストに入っていたり、駅で配布しているときもたまにありました。よくいく美容室やレストランなんかの入り口にもおいてあるような週刊情報誌です。

 

それを見てみると、年齢ごとに日にちが区切られていたり、年収や職業ごとに婚活パーティーを行う日程が異なっていました。友達に誘われた婚活パーティーは女性が無料だったし、出会いがなかったので参加してみたいなと思いました。

 

久しぶりの出会いに期待と不安で眠れないパーティー前夜

 

初めてパーティーに参加する前の感情は、ドキドキでしたね。わたしが本当に参加してもいいのかなとか迷いもありました。

 

就職して仕事につくと学生のように頻繁に合コンや飲み会があるわけでもないです。なので異性との出会いの場がぐっと減ります。

 

友達とふたりで就職してから彼氏がなかなかできなかったので、この婚活パーティーで出会いのきっかけだけでもいいので、いい人がいないかなと期待する気持ちもありました。

 

まだ20代前半だったので、現実の結婚を漠然と考えていました。しかし、女性として結婚にあこがれる気持ちもありました。

 

久しぶりの出会いの場に参加する日にちが迫ってくると、気持ちが高揚してくるんですね。前日眠れないんです。自分でもびっくりでした。

 

飲み物やケーキなどが置いてあって結婚式の二次会みたい

 

当日はホテルのフロントの人に会場はどこか聞きづらいな、と思いながら入っていったのを覚えています。おそらく他人に「私結婚したいんです。」と思われたくない自分もあったのです。

 

そして、ホテルにはいっていくとすぐ、婚活パーティーの会場名がエレベーターの前にわかりやすいように書いてありました。

 

そして、受付を済ませて会場に入ってみると、立食パーティーのような形式で、真ん中にテーブルがあり飲みものやちょっとしたケーキやデザートがおいてありました。

 

印象は知人の結婚式の二次会みたいなかんじでした。緊張していました。

 

婚活っていうほど堅苦しい空気じゃなくて楽しく過ごせた!

 

初めて友達と一緒に参加した婚活パーティーはよい経験になりました。最初は立食パーティーで軽くお酒などをのんで場の雰囲気を味わって、なじんだ頃に進行役の人がいすとりゲームのように人数分いすをまるく並べてどんどん移動していくって感じでした。

 

自分のプロフィールを書いた紙を相手に渡して、趣味などおしゃべりしたり、あっという間に終わりました。

 

参加して感じたことは、まぁ普通の出会いです。婚活パーティーと題名をだしているとなんか重い感じがしたのですが、参加してみると自然な感じでお話しもできたし、異業種の方とたくさんお話しができてよかったです。

 

来ている方も見た目もふつうのひとが多かったし、意気込んで参加しなくても全然平気でした。楽しかったです。連絡先も交換しました。

 

婚活パーティーで恋人を作る秘訣はフィーリングですかね。特にテクニックとかありません。共通の話題があって話がもりあがれば大丈夫です。出会いの方法のひとつとだと思って参加してみる価値ありますよ。結構楽しいです。

「婚活パーティーで彼氏を見つけた【女性の体験談】」の記事一覧へ

シェア・いいね歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あわせて読みたい

RETURN TOP