婚活成功道場

婚活でデートする頻度はどれくらいがちょうどいい?

この記事は2分で読めます

婚活デートは、普通の恋愛デートとは異なります。結婚を前提としたお付き合いですから、あんまり長くデートを重ねている余裕も必要もないためです。ある程度はデート頻度に目標を立て、スムーズに結婚へとステップアップできるようにしましょう。

 

婚活デートは相手を見定める時間

 

婚活デートで注意すべき点はまず、頻度を気にするよりも内容を重視することです。恋愛のようにお互いが楽しい時間を過ごせればそれでOKというデートとは別物と考えましょう。デートの度に、自分を相手に知ってもらい、自分もまた相手が結婚相手として相応しいかを判断します。

 

言い方は少し良くありませんが、婚活デートは相手を見定める時間なのです。ですから、見定めが十分となれば、相手に結婚の気持ちを伝えてどんどん先に進むと良いでしょう。婚活プロポーズの場合は女性からでもどんどんアプローチすべきです。

 

見定めるポイントとしては、容姿、性格、収入、趣味など、多々あります。収入は結婚後の生活を大きく左右する要素ですから、嫌らしいと思わずに相手の仕事やキャリアを知るように心がけましょう。

 

性格や趣味はその人の思想を決める重要なポイントです。自分と合っていなければ不仲になりかねませんし、高額な趣味を持っていれば収入があっても家計を圧迫させかねません。容姿が好みというのも悪いことではありません。見た目から身だしなみや清潔感を知りえることができます。もちろん、気持ちも重要です。相手を好きという気持ちは多くの障害を乗り越える力となります。

 

結婚相談所やお見合いデートは3~4回で一区切り

 

婚活する方は、結婚相談所やお見合いを通して同じく婚活中の異性と知り合う機会が多いことでしょう。この場合は相手も結婚意識が高いため、デート期間をそれほど費やす必要はありません。

 

回数は3~4回で一区切りがつけられると良いでしょう。それまでに結婚意識が互いに共有できなければ、次の婚活へと移り、共有できれば結婚の約束をしましょう。

 

デート間隔は1週間、2週間に一度くらいの頻度で、1週間のうちに3~4回のデートと詰め込まないようにしましょう。次のデートまである程度時間を空けることができれば、メールや電話でデートの話しそびれや聞きそびれを補完することができます。

 

また、ある程度の時間をおくと判断力も冷静になります。婚活デートの期間は1ヶ月~2ヶ月くらいで、回数は3~4回のデートを目指してみましょう。

 

少ないデート回数で結婚を固めるコツとしては、相手に絶対に嘘をつかないことです。嘘をつくことは、相手にも嘘をつかれているかもという心配につながります。心配が少ないほど、相手に対して真剣になることができます。結婚相談所などのサービスを利用する場合、嘘は詐欺になるので特にご注意です。

「婚活成功のためのテクニック」の記事一覧へ

シェア・いいね歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あわせて読みたい

  1. 婚活で年齢差がある相手との付き合い方
  2. 婚活をしてるのに上手くいかない女性の理由1位は「理想が高すぎる」こと
RETURN TOP