婚活成功道場

婚活で公務員同士が結婚するには

この記事は2分で読めます

公務員は安定した収入が約束されているため、結婚相手の職業としては好印象です。女性が公務員の場合も、真面目な印象が強いことから人気です。

 

中には公務員同士の結婚を望む、婚活中の方もいることでしょう。しかし公務員同士の結婚となると、場合によっては解決しなければならない問題が生まれることもあるので、じっくり考えなくてはいけません。

 

結婚後は共働きをすべきかを検討

 

公務員も形態は様々で、互いの融通が合致しないこともあります。結婚後に片方が退職するようであれば問題はありませんが、共働きとなる場合は生活が不規則にならないよう注意してください。

 

転勤が多い公務員の場合は特に気をつけましょう。遠距離生活となってしまえば、夫婦間のコミュニケーションはもちろん、お子さんが生まれた後はさらに困難となります。また、一緒に暮らせていても、勤務時間や休日のずれが年数を重ねて積ってくると、家庭不和を生む原因になりかねません。

 

公務員同士が交際する場合、結婚後は共働きをするかをよく検討しましょう。女性に専業主婦を望んでいても、仕事が好きだったり、重要な責任を担っていたりと、辞めたくても辞められない理由があるかもしれません。

 

また、公務員だからといって男性の収入だけで満足な夫婦生活が営めるとは限らず、収入的に共働きが必至かもしれません。共働きとなった時、上で述べたような家庭不和を生むリスクがある場合は、交際を考え直すくらいの覚悟も時には必要です。

 

公務員のイメージから来る結婚後の問題

 

公務員に就く方は、良くも悪くも真面目というイメージがあります。実際にはそんなことはなく、多くの公務員の方が、豊かな性格を持ち、趣味を充実させていたりもするでしょう。公務員同士で結婚するから、真面目な性格がぶつかりあってしまい、堅苦しくなってしまうのでは? と、心配する必要はないでしょう。

 

もちろん、実際にあなたが真面目で、婚活中の相手も自分と反りが合わない方向の真面目な方だったら、問題が生まれてしまうこともありえます。

 

夫婦仲に問題がなくとも、真面目であったり、収入が安定しているといったイメージが災いして、周囲とのコミュニケーションに問題が起きることもあります。夫婦が共働きで公務員ともなれば、羨ましがられたり、妬まれたりということでご近所とのトラブルが起きるかもしれません。

 

また、公務員と税金の話題が結びやすいことから、マスコミによって公務員の批判が取り上げられたりすると、風当たりがさらに悪くなることも考えられます。稀な例とは思いますが、公務員という職業同士は、思わぬリスクが起きかねないことを覚えておきましょう。

 

公務員同士の職場恋愛であれば、生活の違いは多くないと思います。それ以外としては、結婚相談所などで公務員同士が出会えることも可能です。この場合は、同じ公務員でも違う点が多い場合があるので、よく検討した上で結婚を考えましょう。

「婚活成功のためのテクニック」の記事一覧へ

シェア・いいね歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あわせて読みたい

  1. 婚活で年齢差がある相手との付き合い方
  2. 婚活中はどれくらいの交際期間で相手を見極める?
RETURN TOP