婚活成功道場

婚活パーティーで脈ありかどうか見極める方法

この記事は2分で読めます

婚活パーティーで脈ありかどうか見極める方法

 

婚活パーティーは人生のパートナーを見つける大変重要なイベントですから、緊張するのも無理はありません。気になる異性と脈があるのかを気にし過ぎてしまえば、大失敗になるかもしれません。相手との脈は、意外と簡単な方法で見分けることができます。ですから、あまり力まずにリラックスして参加しましょう。

 

会話が途絶えなければ脈あり

 

相手との会話が弾むほど楽しいようであれば、大いに脈があります。会話を頭で組み立てなくても、自然と話したいことが口から次から次へと溢れてくることがあります。これは相手を好きになりたい、好かれたいという気持ちの表れでもあります。

 

共通点がある相手ほど会話が弾みます。性格であったり、趣味であったり、仕事であったり、通じる点は様々です。「類は友を呼ぶ」ということわざがありますが、類は結婚相手も呼びこみます。

 

注意すべきは、自分だけが話をしている場合です。これでは会話とはいえず、自分が勝手におしゃべりしているだけです。自分が話して、相手も話すという言葉のキャッチボールが続くことが、脈があるかを確かめるポイントです。

 

相手から自分に質問が投げかけられるようであれば、脈の期待は高まります。質問は、もっと知りたいという気持ちが言葉となって表れているものです。

 

子ども好きの相手は脈あり

 

婚活パーティーのゴールは結婚ではありません。その先の人生全てを順風満帆に終えることができた時が、ゴールとなります。

 

ですから、相手と結婚後の生活についての話をして、脈を確かめるというのは決して早とちりなことではありません。お互いに、「この人と結婚したら幸せそう」と感じられるかが、何より大切なのです。

 

相手に子どもが好きかを尋ねるのは、脈を見極める良い質問です。「子どもが好き」という答えが、もちろん脈ありです。素直に子どもが好きと答えられる方に、悪い方はいません。それは、子どもが好きということは家庭を大切にする気持ちがあることに通じるからです。

 

家庭円満こそ、結婚後の最大目標です。ご自分が子どもを持たない結婚生活を望むという方もいるでしょう。この場合でも「子どもが嫌い」という答えを出す相手はお勧めできません。子どもは好きだけれども、結婚後の子どもについては相手の気持ちを尊重できるような相手が、望ましいでしょう。

 

婚活パーティーは限られた時間で相手を見つけなくてはならず、焦ってしまいます。じっくり慎重に相手を見極められなければ、ちょっと不安だというタイプは、婚活パーティーよりも結婚相談所が向いているかもしれません。自分の情報を元に間違いのない相手を探してもらえるので、はじめから脈ありの方と出会うことができます。

「婚活成功のためのテクニック」の記事一覧へ

シェア・いいね歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あわせて読みたい

  1. 婚活中はどれくらいの交際期間で相手を見極める?
  2. 婚活をしてるのに上手くいかない女性の理由1位は「理想が高すぎる」こと
RETURN TOP