婚活成功道場

婚活する時の男性の服装、夏はどんな格好が印象がいい?

この記事は2分で読めます

婚活で相手に好印象を与えたいのであれば、清潔を心がけ、服装にも気を配らなくてはいけません。男性の場合は、フォーマルなスーツ姿はともかく、カジュアルは自信がないという方も、多いのではないでしょうか。

 

また、夏場はラフな格好になりすぎて、相手に悪い印象を与えないよう、気をつけなくてはいけません。

 

婚活する時はフォーマルにすべき?

 

婚活中の服装は男女共に、清潔感のある服装が求められます。そうなると男性の場合はフォーマルなスーツを思い浮かべやすいものですが、実はカジュアルの方がお勧めです。

 

カジュアルはあなたの服装のセンスや趣味、こだわりなどを相手に伝えられ、印象の重要な判断基準となります。フォーマルでは綺麗にまとまりすぎて、相手に個性を伝えるのが難しくなります。あなた本来の姿を相手に好きになってもらうことが、婚活の大切なポイントです。

 

カジュアルが好ましいといっても、着崩し過ぎるのはいけません。大前提である清潔感のある服装を外れてはいけません。無難なのは、柄物は避けて無地を選択することです。チェックのような落ち着いた柄は大丈夫ですが、派手な配色は避けるべきです。

 

ボトムスはデニムでも悪くはありませんが、ダメージが多いデザインは癖が強すぎます。配色は季節を意識して、メインの一色に統一しておけばセンスも発揮しやすいでしょう。

 

アクセサリーは要注意です。ネックレスやリングは悪い印象を与える恐れがあります。サングラスは目が見えなくなるので避けます。腕時計は良いでしょう。高級腕時計なら相手に経済力をアピールできるポイントになります。

 

夏の格好は薄着過ぎと汗に注意

 

汗をかきやすい夏場の服装は冬場よりも注意が求められます。ハーフパンツにTシャツといったラフな格好があなたの普段着だとしても、肌の露出を控える服を選択してください。

 

男性の場合も肌の露出が多いほど、相手にだらしなさや不潔を印象付けてしまう恐れがあります。体毛が多い方は特に要注意です。体毛が濃くて露出してしまう場合は、脱毛も考えましょう。男性の無駄毛脱毛は恥ずかしいことではありませんし、むしろ無駄毛にしっかりと気を配る男性は清潔だと好印象を抱く女性も少なくありません。

 

汗っかきの方は、汗をなるべく抑える努力をしましょう。トップスがシャツ一枚では背中や脇、胸に汗染みができてしまったら恥ずかしいので、シャツを重ねて目立たないようにします。汗をかくほど体臭の恐れも高まりますから、デオドラント用品も活用しましょう。恥ずかしがらずにハンカチやタオルを持ち歩いて、汗のかきっぱなしは避けます。着替えのシャツを用意して置くなども良いでしょう。

 

服装は、清潔ながら自分をアピールできるカジュアルを目指しましょう。婚活中のデートはもちろん、お見合いや結婚相談所で相手に見てもらう写真も、同じことが言えます。あなたの写真から伝わるお洒落から、相手が好印象を抱いてくれるかもしれません。

「婚活成功のためのテクニック」の記事一覧へ

シェア・いいね歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あわせて読みたい

  1. 婚活で年齢差がある相手との付き合い方
RETURN TOP