婚活成功道場

結婚相談所に登録するプロフィールの印象の良い書き方

この記事は2分で読めます

婚活に悩む男女の救い場として活躍しているのが、今はインターネット登録等のシステムも加わったことでサービスの重要度を高めている結婚相談所です。

 

プロフィールを登録することで、最適の相手と出会うことができます。簡単なシステムですが、プロフィールがあなたの出会いを決定する重要な要素となります。書き方一つで出会いが変わります。好印象となる書き方になるよう、工夫しましょう。

 

自己紹介はたっぷり丁寧に

 

プロフィールは生年月日に職業や年収、家族構成や学歴、出身地などの基本情報を記入しますが、これらは決まっていることしか書きようがないので工夫のしようもありません。そこでポイントとなるのが、自己紹介文です。

 

ここでいかにあなたの人間性を伝えられるかで、印象が大きく左右されます。多くの方が経済力や容姿だけを気にしていると思うのは大きな間違いです。相手にあなたの人間性を訴えて、好印象を残せるようにしましょう。

 

書けることはなんでも書きましょう。趣味や癖、好きなもの、苦手なもの、マイブーム、悩み事、好きな服やプロポーションなど。また、長所だけでなく短所を書くのも相手に正直さを伝えられるため良いでしょう。

 

あなたの全てがそこに詰まっているという自己紹介を書いてください。ただし、読みにくい文章は避け、言葉使いも丁寧にして、最後まで読んでもらえるような綺麗な文章に整えてください。蛇足文に思われては、相手の読む意欲を損なってしまいます。

 

小さな嘘でも絶対に書いてはいけない!

 

たくさんの人に好かれたいからと嘘を書くのは絶対にやめましょう。大きな嘘で自分を偽った場合、最悪は詐欺になりかねません。そこまでに至らなくても、どんな小さな嘘でも相手に対して失礼ですし、後で嘘がばれた時に関係を台無しにしかねません。

 

自分に後ろめたいことがあったり、短所があったとしても、それを偽ってはいけません。むしろ、あらかじめプロフィールで相手に秘密を伝えてしまい、その上で出会えた方を大切にするのも良いでしょう。

 

嘘の代表例が容姿です。相手に好まれようと体重や身長を偽ってしまいます。「これから痩せるから」といった願望を込めて偽るのもいけません。でしたら、先にダイエットをしてからプロフィールを書きましょう。厚化粧で素顔を大きく隠すのも嘘になります。

 

また、性格の嘘もみられます。相手に好かれようという努力は認めるべきかもしれませんが、自分を隠し通すのは困難なことですし、本来の自分を相手が好いてくれているかも分かりません。プロフィールで嘘をついて一番困ってしまうのは、自分ということを忘れずに。

 

あなたのこれまでの人生全てが詰められたプロフィールで、それを詠む人のことを想って書けば、自然と印象の良い書き方になるはずです。重ねて言いますが、嘘はいけません。ありのままのあなたを、相手に知ってもらいましょう。

「婚活成功のためのテクニック」の記事一覧へ

シェア・いいね歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あわせて読みたい

  1. 婚活パーティーで脈ありかどうか見極める方法
RETURN TOP